調味料講座「お醤油作り編」

こんにちは。美養食協会です。

昨日は5月20日の「お醤油作り)に向けて、管理栄養士の先生と視察へ行ってきました。

お醤油は日本の味

前回開催した「味噌」と同様。お醤油は日本独自の味ですよね

「うまみ成分」

これは、日本独自の「味」を決めるようなものだと思います。

お醤油は小さなころから家庭にあり、当たり前ですが、当たり前のお醤油がどう作られているか?

濃口・薄口・生醤油・さしみ醤油・だし醤油などなど沢山あるけど何が違うの?など

高いお醤油はなんで?など皆さんしっかりと聞いてくださいね☆

酵母菌が住み着く

菌ときくと少し「えっ」となるかもしれませんが

お醤油作りの蔵元さんの「もろみ蔵」には沢山の酵母菌が住んでおります

奥に見えるガラスにも、その辺の柱中にも菌・菌・菌

老舗の蔵ではこの菌が100年以上、死なずにつき続けます。これがつくことでおいしいお醤油が作られるんですよ。

これがうまみ成分にかなり影響する模様です(^O^)

こんな感じの桶が入ってます。

この回す奴めっちゃ重くてびっくり!!

かき混ぜた時の重さとかで職人さんには「何が足りない」とかわかるそうですよ(^O^)

窪ちゃん先生と二人、往復時に

素材の良いものを知ってもらう事・食べてもらう事を楽しんでもらおうってお話しになりました☆とっても楽しい講座になりそう!!

5月20日お申込みまだまだ間に合いますよ!お待ちしております

セミナーの詳細は「お醤油作り」

お申し込みはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

お電話はこちら